CALENDAR
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
TAGS
ARCHIVES
OTHERS
Search this site.
normal | list
CIBONE CASE

no11.jpg



CIBONE CASE

CASE;11骨格

それはたとえば人が生を終えたときに残る一欠けらの骨のように、
とても儚くも、芯の強さに心留めるべくもの。

いつしか見慣れていた形状が、人の意識から消え、本来の形は意味を成さないとさえ思える。
それでもなお感じられる生への灯火に人は敬い、心打たれ、より結びつきを求めるのである。

残された素材の骨格から溢れ出る、命の力強さと美しさによって。

参加作家:
伊藤敦子 / 木村亜津 / 寺山紀彦 / 安永正臣 / 渡辺 遼 / AVM / Yamabe Hironobu / Wieki Somers

GINZA SIX 4F CIBONE CASE


| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<白日 | 桃居展 >>