CALENDAR
<< February 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
TAGS
ARCHIVES
OTHERS
Search this site.
normal | list
51%tokyo
輪島の塗師・赤木さんが彫刻のようで彫刻ではなく、工芸的なようでいて工芸とはまた違う。そんな「かけら」のようなものを作る6人を訪ねる記事が芸術新潮8月号(7.25発売)に掲載されています。
ありがたいことに私の所へもいらして下さいました。

この特集に連動して行われる神田神保町の51%tokyoでのGallery SUの山内さんの企画による展示に参加させて頂くこととなりました。
暑い日がもどってまいりますが、ご覧頂けましたら幸いです。

-きっと誰かが拾ってくれる-
2013.8.3-9.7
12:00-20:00
(休 木曜日及び8.10-16)
「51% Tokyo(ゴワリイチブトウキョウ)」東京都千代田区神田神保町1‐37 武田ビル1F
tel.03-5577-6293

http://www.5wari1bu.jp/contents/news/release/130803.pdf

Gallery SU

「芸術新潮」




てつころ.jpg
Photo Tatsuro Hirose.SHINCHOSHA


私も「とあるかけら」「ちいさなかけら」「かけらのささやき」「しずかなかけら」などと題したものを作っておりました。
今回の「かけら」という言葉は、今の時代に物をつくるという事にたいする「欠片」あるいは「断片」という事なのかもしれません。
今回の展示では、こういうものを作り始めた時のものから、最近のブロンズ鋳造の造形物までを持っていきました。大きな窓を背にした棚にのせると、ひかりが心地よく輪郭をなでてくれました。


| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
「用の図と地」展
吉祥寺の-OUTBOUND-でのこの展示は、私にとってとても刺激になりました。
土と布それぞれに没頭し、ひたすらに手を動かし形にされたものと同じ空間で見て頂けてうれしかったです。
店主の小林さんの言葉、「目に見える具体的な機能」と「目に見えない抽象的な作用」という物の持つ二つの面を、少し行き来できたようにも思えます。
ありがとうございました。

展示自体は7.29で一区切りでしたが、8.18頃まで数は減りますが、
ゆるやかに(小林さん曰く、グラデーションで常設に戻すとの事)継続して頂ける事となりました。
ご覧頂く機会がございましたら幸いです。

72dpi.jpg
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
-OUTBOUND-「用の図と地」-三人展
いつもお世話になっている吉祥寺の-OUTBOUND-にて、7月20日より土器を中心に土に取り組んでいる熊谷幸治さんと、柿渋染めの布を用いて制作している冨沢恭子さんとの三人展をさせて頂きます。

お二人はブリキ星でよく展示をされていて、私がブリキ星を訪ねるきっかけをくれた人でもあり、このような展示に声をかけて頂き嬉しく思います。

店主の小林さんの書いてくださった文の「目に見えない抽象的な作用」というのが私のよりどころのように思います。

暑い日が続きますが、お立ちより頂けましたら幸いです。


securedownload.jpeg


「用の図と地」 熊谷幸治|渡辺遼|冨沢恭子 三人展
2013年7月20日(土)- 7月29日(月)11:00 – 19:00 23日(火)休
私たちが日々触れる物の有用性の基ともいえる
「目に見える具体的な機能」と「目に見えない抽象的な作用」という二つの側面。

紙に描かれた「図」と背景である「地」が、焦点の当て方により反転し得るのと同様に、この「機能」と「作用」は相反する様でいて実は不離一体の関係なのかもしれません。

二つの要素の間を自在に行き来する三人の作り手の仕事を、是非ご覧下さい。

---------------------------------
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
観用
回転台に置くと、空気が霞のようにおりてきて静かになります。
窓からの光が横からあたり、表情が現れてきました。
しばらく眺めています。

やがて、さわってみなくてはならない気がして尾根のような部分に触れてみました。
ごつごつと固い物質なのですが、不思議となめらかな手触りで小さなでこぼこを指先に感じながら輪郭をたどり満足をして、もう一度座りました。

私もこういうものが作れたならと思うのです。
観じてたのしめるものを。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
クラフトフェアまつもと
またもや遅い報告となってしまいましたが、クラフトフェアまつもとに参加させて頂いてきました。
気に留めていただきありがとうございました。

今回は5月上旬の鋳込みで火傷をしたりでバタバタで初日はぼんやりとしてしまいました。
(いつもぼんやりとしているようですが…)
二日目の夕方、雷がなりだすといつぞやの雨が脳裏をよぎり、そわそわとしだし写真をあまり撮らないまま搬出となってしまいました。



上段.jpg


リヤカー.jpg


白板上.jpg







今回はつれと二人分の荷物で重かったという事でもないと思いますが、帰りの高速でタイヤがパンク…
「なんだかガタガタしない?」と言われ「ぽんこつだからね、」とは言ったものの、妙にゆれるのですぐにパーキングに入って車から降りるとぺちゃんこでした。


バースト.JPG



いろいろありましたが、また応募してみたいと思います。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19