CALENDAR
<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
TAGS
ARCHIVES
OTHERS
Search this site.
normal | list
「風呂上りの一杯をどれだけおいしく飲めるか」展 第三部 飲む編
「風呂上りの一杯をどれだけおいしく飲めるか」展 第三部 飲む編

「風呂上がりの一杯」なんとも心地よい言葉です。
私は久しぶりに用のあるものをつくりました。
ぼんやりと考えていた物が、少しかたちになったように思います。



Gallery Yamamoto 企画制作
「風呂上りの一杯をどれだけおいしく飲めるか」展


第三部 飲む編
いよいよここまでやってきた。
お酒もお水もお茶だって、今日は格別。至福のとき。
・ 内田鋼一/器等
・ 辻野剛/飲み物のための器
・ 辻野剛×猿山修/ワイングラス
・ マティアス・カイザー/酒器、蕎麦猪口、ポット
・ 東屋/箸・箸置・小皿等
・ 渡辺遼/箱膳等
・ 田中茂樹/盛り器、花籠等


「Gallery Yamamoto」
2011年7月16日(土)より31(日)
11:00- 17:00 会期中無休
栃木県下都賀郡野木町南赤塚786-2
0280-56-2444


「さる山」
2011年8月5日(金)より7(日)
13:00- 18:00 会期中無休
東京都港区元麻布3-12-46-和光マンション101
03-3401-5935


「風呂上りの一杯をどれだけおいしく飲めるか」展
というと皆くすっと笑ってくれる。嬉しい !
この長いタイトルを聞いて、何か想像や連想がはじまったのなら、もっと嬉しい。

ものを選ぶとき、物語があると楽しいと思う。
それぞれのものひとつひとつに、素材や技術、作り手の思い等さまざまな物語があるけれど、それらをどんな場面でどんな風に使うかで、また新たな物語が紡ぎ出せると思う。使い手である私たちは作り手とは違った方法でものに関わることが出来る。ささやかな日常の繰り返しの中で、物語への入り口はいつも開かれるのを待っている。

ようやく春がやって来て、夏に向かうこれからの数か月。楽しい結末を思い描いて、物語ははじまる。あつくなって、お風呂に入って、おいしい一杯を。

是非お出かけ下さい。 山本千夏/Gallery Yamamoto



| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
桃居展
西麻布の桃居にて高田竹弥さんと二人展をさせて頂きます。

桃居の広瀬さんには、私がこういうものをつくり始めた頃から観て頂いていたのですが、今回展示させて頂ける事となり嬉しく思います。
少しあらたなものができたように思います。
高田さんとお会いするのも初めてですが、とてもたのしみです。

2011.5.20-5.24
11:00-19:00
会期中無休
桃居

お近くにお越しの際、お立ち寄り頂けましたら幸いです。

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
「てつころ」展
六本木にあるSTRIPED HOUSE GALLERYにて展示をさせて頂きます。

ある方にお借りした本を読んでから、私は石というもへの興味が、以前よりも具体化してきたように思います。
人がはじめて手を加えた対象である石というものを自分なりに探りたいと思います。

今回の展示は-いしころ-ならぬ-てつころ-。
このような展示をさせて頂けることに感謝致します。

お近くにお越しの際、お立ち寄り頂けましたら幸いに思います。



2011.4.25〜4.30
11:00-18:30
(29日休廊)
STRIPED HOUSE GALLERY

(25.28.30在廊予定)


「てつころ」

いしころに惹かれます。
どこから転がってきたのか、
どこに転がっていくのか、
もうどこにも転がらず、そこにとどまるのか。
いしころはそこにあります。

漁師が漁をし、農家は田畑を耕し、工員は工場で働き、
夕飯を食べて、眠り、朝を迎える。
そんな日々が、はやく戻る事を願います。
今回の事では、いろいろと考えましたが
そう願うよりほかありません。

わたしは、てつころをつくりました。
意味があるのかはわかりませんが、
わたしは、そうするよりほかありませんでした。
しかしそれは、とても幸福な時間でした。


2011年4月 
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
皿洗い三四郎雑記帳
「それが正しいのか、否かはわからないけれど、いずれにせよ、もっとも疑わしきは自分であり、同時にもっとも信じるべきも自分である。」
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
museum as it is
20日にmuseum as it isに伺いました。
すると、子犬がいました。
1,2ヶ月ほど前から、姿を見かけるようになったそうです。
もらいてを探しているとの事で、後日他の方が良ければ譲って頂こうと思い連絡した所、
3,4日前から姿が見えなくなってしまったとの事。
通りがかりの人がもらってくれたのでしょうか。
旅に出てしまったのでしょうか。
安否が気にかかりますが、元気でいる事を願います。


noro.jpg





-as it is-の空間に私の作ったものを置いて頂けるなどとは、想像もしていなかった事でしたので、やはりとても嬉しかったです。
ありがとうございました。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19