CALENDAR
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
TAGS
ARCHIVES
OTHERS
Search this site.
normal | list
pragmata
八丁堀のpragmata galleryでの展示のご案内をさせて頂きます。

pragmataDM.jpg

-
プラグマタ ペトロスさんの言葉
-
Walk in the nature
River
Sounds
Stone
The natural desire to hold, to caress
Place the moment in your hand pocket
Memories of sound past gone
Metal works by Watanabe Ryo

自然の中を歩いて行く


石、
拾い上げて、撫でる
その瞬間をポケットに入れて
去っていった音の記憶がよみがえる
-

「chimes」
2015.10.23-11.1
12:00-19:00
会期中無休
最終日のみ12:00-18:00

pragmata プラグマタ
〒104-0032
東京都中央区八丁堀2丁目3-3,3F
www.pragmata-gallery.com

お立ち寄りいただけたら嬉しいです

-

DSC_0443.JPG


DSC_0452.JPG

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
galerie のきは
「てつころ」展
2015.9.13-20
11:00-17:30
会期中無休

galerie のきは
〒770-0044徳島市庄町1-52
tel,fax 088-632-6818



DSC_0216.JPG


IMG_0306.JPG


IMG_0313.jpg


IMG_0301.JPG

-
心地よい galerieのきはの空間


DSC_0289.JPG

在廊を終え長野に戻りました

20日まで展示は続きます

ご覧いただけたら嬉しいです
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
OUTBOUND
「用の図と地」Ⅲ “Tool-Object Duality”
熊谷幸治|冨沢恭子|渡辺遼 三人展

2015年8月15日 [土] – 8月31日[月]
11:00 – 19:00
18日 25日 [火] 休

OUTBOUND

用の図と地_Tool_object_duality_熊谷幸治_冨沢恭子_渡辺遼.jpg


-
私達の普段の暮らしを取り巻く物が、その最小単位では粒子としての性質と波動としての性質を
両方持つとされている様に、日常の尺度において、物は全て用途を前提としているかどうかに
関わらず、具体的な働きを起こす「機能」と、抽象的なもたらしを及ぼす「作用」の双方を胚胎
すると考えます。それらは重なりあった状態であり、図と地の関係の様に相補的かつ反転し得る
関係と言えるかもしれません。

器と器でない物、又は鞄と鞄でない物、或いは広く道具と造形物、二相隔て無く物作りに取り組む三者の作り手の仕事を、是非ご覧下さい。


熊谷幸治氏, 冨沢恭子氏, 渡辺遼 在廊日|8月15, 16日
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
Style-Hug Gallery
Style-Hug Gallery

2015.3.27-3.31
11:00-18:00(最終日17:00まで)

渋谷区千駄ヶ谷3-59-8
原宿第2コーポ208
Tel 03-3401-7527

3.27在廊予定です

-
古道具と交換した錆板をケータリングで使ってくれていたnofuさん
きっかけをくれてありがとうございます
錆びた鉄板、古道具のように気長におつきあいいただけたら幸いです


| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
桃居
-金属の仕事展-


DM72dpi.jpg


2015.3.6(金)-3.10(火)
11:00-19:00
〒106-0031
東京都港区西麻布2-25-13
桃居

6.7.8在廊予定でおります
ご覧いただけたら嬉しいです


-

雪どけからあらわれた錆
やはり金属の腐食は興味深いです
テクスチャーより形態にこだわって制作をしてきたつもりですが
形態をあらわす表皮がテクスチャーなのかなとも思います
いろいろな表層のあらわれる金属ですが
最後に残る形態は
やはり最も気がかりです
様々悩ましいのですが
いつの日にか朽ちて
なお興味深い形態をつくることができたならと思うのです

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19